旅行

滋賀県近江八幡のおすすめ日帰り旅行 つづき



前回の記事
八幡山ロープウェイで山頂へ



<今回の日帰り旅行スケジュール>
八幡山ロープウェイ
  ↓
昼食 居酒屋 市(いち)⇒☆今回はここから☆
  ↓
八幡堀めぐり(30分千円)
  ↓(バス)
北の庄 ラ コリーナ
  ↓
チーズケーキのお店 アンデケン

食 居酒屋 市(いち)

おはようございます。
あべまつ&まぁです。

八幡山ロープウェイで景色を堪能。
麓までロープウェイで下り、日牟礼八幡宮を楽しみ、
お昼ご飯をどうしようかと考えていました。

女将さんがロープウェイ乗り場からの途中でチラシを配っていらっしゃいました。
「だしが自慢のおうどんです。美味しいのでぜひ!」と。
寒さもあり、暖かいうどんに決定。
※ 行く途中に『八幡堀めぐり』に記載『予約』の話あり

<近江八幡にある居酒屋『市』>



チラシにかいてある地図を片手に、5分ぐらい歩いてお店へ。
通りにお店を示す看板があり(このチラシをいただきました)
※右写真参照





<奥に見えたお店『市』のれん>

路地裏のようなところを進むと、一番奥にお店ののれんが見えてきました。
※右写真参照
引き戸を開けるとお店の中は座敷が3つ、カウンターが5席ほどの
まとまったお店。
お出汁のいい香りに誘われて、早速注文をしました。



<『市』の肉うどんセット>

肉(近江牛)うどんセットを注文、
ごはんと手作りの1品(本日はマグロ煮)、お漬物、
近江牛スジのおでんを追加しました。
味は女将さんが言われていたように、出汁もうどんも美味しかったです。
なにより近江牛が柔らかい。牛すじ肉も甘い。
このお店はオススメです。

作業着を着た男性が後から3名入ってこられ、常連さんのようでした。
入り口は半分開放されていて、手の消毒もあり感染症対策もとられていました。
またぜひ食べに行きたいお店です。
【情報1】

八幡堀めぐり

和でんという食事処の裏側から乗船。
船着き場についたら船がでたあとでショック。
電話で予約を聞くと、船頭が帰ってきた時間になると。
予約ノートがあり12時40分に名前を記入して
先に昼食へ。(上記の居酒屋 市へ)

<屋台船の乗り場>

乗船10分前に乗り場へ。
金額は一人千円。
屋形船の靴箱に靴を脱いで座敷へ。
歩き疲れた足が伸ばせる!
6名で出航。乗船時間30分。

豊臣秀次が築いた八幡堀をゆっくり進みます。
出航してすぐ橋の上から、カメラで船を撮る観光客が5~6名。
慌てて伸ばしていた足を引っ込めました(笑)

航路
日牟礼八幡宮前⇒新町通⇒赤レンガ工場跡

近江商人が栄えていた昔、商業用の荷物を運ぶ船が
琵琶湖と八幡堀を頻繁に往来していた。

<八幡堀にある白壁の土蔵>

白壁の土蔵が立ち並ぶ景色も素敵でした。
瓦を多く作っていた歴史があり、近くに瓦ミュージアムがあります。
瓦ミュージアム下の船橋から新町浜の区間で、
映画やドラマのロケも行われており
船から「ここの景色見たことある!」と感動。
※「るろうに険心」や「必殺仕事人」など他多数のロケ地
【情報2】


【情報1】
居酒屋 市
予約可能
営業時間:お昼・夜とそれぞれ営業時間あり
定休日:昼)月曜 夜)日曜・月曜
※ コロナの影響により営業が変更になる可能性あり
お問い合わせTEL:0748-32-2646
食べログ:https://tabelog.com/shiga/A2503/A250301/25002632/
Googleマップ:https://goo.gl/maps/BawiZSfmy9LS68VW7

【情報2】
八幡堀めぐり
乗船場:お食事処「和でん」裏
金額:一人千円 
所要時間:30分
営業時間:10:00~から。四季によって営業時間に変動あり。問い合わせ要。
電話番号:0748-33-5020
駐車場:あきんどの里の駐車場を利用 ロープウェイ乗り場から歩いて5分程度の距離
HP 八幡堀めぐり|屋形船・赤煉瓦工場・四季折々|和でん (oumi-waden.com)

近江八幡 ラ コリーナ

つづき
近江八幡ラ コリーナ・チーズケーキのお店 アンデケン