介護日記

介護日記「今日はどこに行くの?」

おはようございます!
あべまつ&まぁです。

認知症の母と旅行にでかけると、
車の中で「今日はどこに行くの?」と聞いてきます。
カレンダーにも父が書いてくれていて
家を出る寸前まで父が何回も説明をしてくれていますが、
車に乗るとすぐに「今日はどこにいくんやったけ?」
3回目ぐらいまでは普通に答えて、そのあと紙に書いて渡します。

メモ:「今日の行き先は京都のコテージ。食事は焼肉。夜に花火するよ」

ブログ記事あります。(ひよしフォレストリゾート山の家)

母:「そうやったわ。今日はお母さんの好きな焼肉やったね。いっぱい食べるねん!」
5分もたたないうちに母から「今日はどこに行くの?」

初めて聞くような表情。
認知症の人は聞いたこと自体を忘れていくのです。
私「お母さんそこにメモがあるよ!そこを見てみて」
母「あ~焼肉やわ。コテージって書いている。花火も…そうやったわ」
このようなやりとりが旅行先まで、延々と続きます。

でも怒っても仕方ありません。
「認知症」という病気にかかってしまったのですから。
「胃潰瘍になった」
「肝臓を悪くした」
なんでよ…とはなりませんよね。
「心配です。大丈夫ですか?」と普通の病気なら言われます。
「認知症」も同じです。

お互いにしんどくならないように、
笑顔で話せる工夫が必要です。
認知症は進行していく病気です。
少しでも進まないようにこれからも楽しく介護していきます。

上記は旅の途中の出来事を書いています。
過去ブログ
自然の豊かなコテージ 天然温泉ひよしフォレストリゾート山の家